資産運用は初心者でも大丈夫|老後のために蓄えよう

硬貨と人形

書類の準備をしよう

チャート

海外FXを行なう際は、口座開設をしなければなりません。そのときの必要書類が、顔つきの写真や住所を確認できる書類となります。
顔つき写真は運転免許証やパスポート外国人登録証などがあれば良いです。運転免許証は日本で発行したものでも利用できます。パスポートは名前や住所、番号などが分かるように開きます。もちろん顔写真も写っていなければいけません。外国人登録証は裏と表両方が必要です。また、在留カードの表と表を開きましょう。
住所確認ができる必要書類の場合は、公共料金の請求書やクレジットカードの請求書、また銀行からの明細書や納税書、納付書などを用意します。
海外FXの口座開設をするだけでこんなにたくさんの必要書類を準備しなければならないのかと驚く方がいますが、この中からそれぞれ1点ずつで良いのです。顔つき写真から1点、住所確認書類から1点の計2点となります。

世帯主でないため、海外FXの口座開設のときに用意しなければならない住所確認書類がないと言う方がいますが、自分の名義でなくても手続きできる場合があります。名字が一緒であれば書類を承認してもらえるかもしれないのです。しかし、承認してくれる会社は限られてしまいますから、できるだけ自分名義の住所確認書類があった方が良いです。住民票なども住所確認書類として認められる場合があるため、住民票を用意するのもありです。
海外FXを行なう際は様々な必要書類を用意しなければならないため大変ですが、これさえ済めばあとは楽に手続きを進められます。